名古屋市の今治タオル専門店

正しい取り扱いで吸水性とやわらかなタオルに

厳しい品質基準をクリアした今治タオルは吸水性が高く、やわらかな肌触りが特徴ですが、その今治タオルでも洗濯の仕方ひとつで吸水しないタオルになったり、タオルの糸のボリュームや弾力性がなくなり、少しずつ硬くなってしまうことがあります。

しかし洗濯の方法や干し方を普段から気をつけることで、タオル吸水性、肌触り・ふわふわ感を長持ちさせることができます。

洗濯のしかた

水の量を多めに柔軟剤を使わずに洗う

まずタオルの吸水性を維持するためには柔軟剤を使わずに洗うことが大事です。柔軟剤を使うと柔らかく仕上がりますが、水を吸いにくいタオルになってしまいます。それは糸を柔軟剤でコーティングした状態になり糸の滑りが良くなり、その結果やわらかく感じるのですが、そのぶん水を吸わなくなります。

ただ、綿は天然繊維ですので洗濯5~6回に1回程度の割合で柔軟剤を少し入れてあげると糸自体の柔らかさが戻ります。綿にはもともと蝋質、油分、ペクチンといった成分が含まれていますが、洗濯を繰り返すことによってそれら少しずつなくなり、糸がパサパサになってしまいます。それを補うための柔軟剤と考えてください。

そして水の量を多めにして洗うことも大切です。水の中で洗濯物が大きく動くことで、溶け出した汚れがしっかりと洗い流されます。水が少ない場合、洗濯物が大きく動けずに、ギチギチと水の中で他の洗濯物と擦れあい生地が傷んでしまいます。タオルがゆったりと大きく泳ぐことができるくらいの水の量で洗うことが理想的です。また、すすぎにも十分な水量が必要です。すすぎが不十分な場合、洗剤で溶か

しだされた汚れをしっかりとすすぎ落とすことができません。タオルのように水分を良く吸うものは、汚れた水も吸収しやすいので、それをしっかりとすすぎ落とすことが大切です。

 

干しかた

脱水後はすぐに取り出しパイルを立たせる

遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能ですが、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、やわらかいタオルのパイルはつぶれてしまいます。洗濯したタオルがゴワゴワになる主な原因はパイルがつぶれて寝てしまうことです。

脱水後にタオルを広げ、両端を持ってパタパタと振ってください。そして反対側の端を持ってまたパタパタと振っていただくことで、つぶれていたパイルが立ち、乾きも早く柔らかいタオルを維持できます。

できれば日陰の風通しの良い場所に干すことをおすすめします。陽当りの良い場所に干すと日光で乾きも早く、日光消毒!? と思いがちですが、天然繊維である綿は直射日光を当てることで傷んでしまいます。

タンブラー式の乾燥機を使えば、ぐるぐるタオルが動いている間にパイルが起きて、吸水性が良く、柔らかいタオルに仕上がりますのでお薦めです。

タオルの手入れ

ちょっとした工夫

何かに引っ掛けてパイルが抜けた場合は、よく切れるハサミで横のパイルの長さにあわせて切ってください。抜けた部分を切っても、他の部分まで伝線して抜けていくことはありません。切らずに放置すると他の洗濯物に引っ掛けて一層パイル抜けがひどくなります。

また、手や身体を拭いた後のタオルも洗濯するまでの間、広げて干しておいてください。そうすることで臭いの発生源である雑菌の繁殖を抑えることができます。

タオルハンカチなどは、手を拭いたあとペットボトルや机の上のペン立てに掛けておくと、次に使うときもフワフワのタオルで手を拭くことができ、とっても気持ち良いです。もちろん使った後は両端を持ってパタパタと振ってパイルを起こすことも忘れないでください!


page-top

名古屋市の今治タオル専門店【一吉タオル】

〒466-0833 名古屋市昭和区隼人町2-10 ミズキンビル1F

名古屋市営地下鉄 鶴舞線
いりなか駅①番出入口を出て左へ30m